新しい情報

推奨人

誹謗中傷に効果的な逆SEO

    インターネットでの誹謗中傷などの問題が深刻な問題になっています。

    そこで注目されているのが逆SEOという手法です。

    逆SEOとは、人に見られたくないサイトや、自分にとって都合の悪いWEBサイトの
    検索順位を下げることです。 通常のSEOは、「人に見せたいサイトの検索順位を上げる」
    のが目的ですが、逆SEOの場合、「見せたくないサイトを下げる」ことを目指します。

    インターネットで誹謗中傷を受けたとき、対処方法としては、そのサイトを削除するのが理想です。
    個人のプライバシーが侵害されたり、名誉毀損の被害を受けたりしたときは、
    ただちに弁護士や警察に相談し、削除してもらうべきです。

    しかし、削除要請をしても、サイトやブログの管理人が削除に応じないケースは少なくありません。
    とくに、企業などの法人の削除要請は、「言論の自由」という理由で、削除されにくいです。

    そうしたケースにおいて、削除されない誹謗中傷サイトを人目につかせないようにするのが、
    逆SEOです。逆SEO対策によって検索サイトの後ろのほうに順位を下げることができれば、
    被害を最小限に食い止めることができます。

    逆SEOは、無害なサイトやブログをつくり、それを検索上位に表示させることで、
    誹謗中傷サイトを押し下げる対策が基本となります。さらに、
    無害なサイトに対して被リンク(外部リンク)を設置することで、
    誹謗中傷サイトの順位を落としていきます。

誹謗中傷の現実批判と誹謗中傷