新しい情報

推奨人

誹謗中傷の現実

    社会的評価を低下させる情報がウェブページ等に掲載された場合には、
    当該情報を削除できる場合がありますが、下記の3つの要件を満たす可能性がある場合には
    削除を行われません。

    1.情報が公共の利害に関する事実であること。
    特定の犯罪行為や携わる社会生活上の地位に基づく行為と関連した情報が掲載されている場合

    2.情報の掲載が、個人攻撃の目的などではなく公益を図る目的に出たものであること。
    特定個人に関する論評について、論評の域を越えて人身攻撃に及ぶような侮辱的な表現が
    用いられている場合には、この要件に該当しないことになる。

    3.情報が真実であるか、または発信者が真実と信じるに足りる相当の理由があること
    当該情報が虚偽であることが明白であり、発信者においても真実であると信じるに足りる相当の
    理由があるとはいえないような場合にはこの要件を満たさないことになる。
    また、「抽象的に人の人格的社会的価値を落とそうとする」つまり、具体的な事柄を挙げずに
    誹謗中傷した場合は侮辱罪となります。

    誹謗中傷は「いじめ」と同様に犯罪ですから、現在の状況では誹謗中傷された場合は非常に
    厳しい立場に立たされますが、あきらまずに戦う事が重要です。

誹謗中傷は犯罪です。誹謗中傷に効果的な逆SEO