新しい情報

推奨人

批判と誹謗中傷

    ネットや2ちゃんねるなどで問題となっている誹謗中傷。

    誹謗中傷と批判となにが違うのか?
    非常に難しい定義分けだと思います。

    ただし、批判とは人や物事の誤った箇所や悪い部分を、
    根拠を示しながら論理的に指摘し、改善を求めることをいいます。

    この「根拠を示しながら論理的に」の部分がやはり誹謗中傷とは違うところだと思います。

    相手の過失や欠点、悪い点をあげつらって、感情的に責めたり、
    馬鹿にしたりするのは「非難」でしょう。

    批判を行うには、なにより理性的な態度と相手に対する愛情が必要になります。

    ゆえに「批判」が感情的になり、責める感じなると「非難」となり、
    さらに進んで感情的で根拠もなく責め立てるのを誹謗中傷と言えます。

    いわゆる誹謗中傷は先に書いた感情的で根拠もない噂やささいなことを
    インターネット上で垂れ流すことですが、プラス匿名性と言うのも付け加わります。

    インターネット上での誹謗中傷は「誰が」言っているのかがまずわかりません。
    誰が言っているのかを突き止めるだけで言われた側には大きな負担がかかります。
    その上、「それは違う」という反論も事実上許されません。
    尾ひれがついた噂話はどんどん無制限に拡散していきます。
    そしてそれが事実として世の中に一人歩きを始めます。

誹謗中傷に効果的な逆SEO逆SEOの手法